お葬式の香典返しを準備するポイント

お葬式を終えれば、各宗教ごとに各種法要を行い忌明けとなります。忌明けを終えてから一か月後を目途に香典返しの準備を始めますが、その際のポイントを紹介します。

香典返しは食料品、生活用品における消え物が定番ですが、近年では各業者にて取り扱う商品が多様化しています。特に食料品の中でも生ものは日持ちがしないことと宗教上の観点から好まない方もいますから、おすすめできません。食料品にてお茶や菓子類は定番の一つですが、普段堪能できない地域のブランド商品を選ぶと好まれやすくなります。消え物も有名ブランドタオルや高級石鹸など普段購入する方が少ないものは喜ばれやすいでしょう。

カタログギフトもお葬式の香典返しの際に好まれやすい品物の一つです。値段に応じて食料品や生活雑貨をはじめ、種類が豊富に揃えられています。商品によっては定価以上にお得に手に入れることもできます。そのため、相手にとって品物を選ぶ際の楽しむ時間を過ごせることも人気の一つです。たとえ香典返しに向かない商品があっても、カタログギフトに掲載されていたら、相手の方は気兼ねなく選びやすくなります。送り手側の立場では、香典返しの品物を選ぶ作業は、悩むことが多いものです。相手の好みやライフスタイルがわからない方の場合は、なおさらでしょう。その悩みを解消できる点も、送り手側としては好まれやすい点です。

香典返しの業者選びですが、葬儀会社による代行だけでなくほとんどの百貨店や大手小売店でも取り扱いがあります。注文から配送まで一括で対応していますから、大幅に手間が省けます。地域のギフト専門店に相談する方法も選択肢の一つです。特に長年営業している店舗は、地域の方々からの信頼が高く、地域や宗教ごとのお葬式や香典返しの習わしに精通しているところが多いです。わからないことにも相談に応じてもらいやすくなっています。インターネット専門で取り扱っている業者もあり、クーポンや送料無料などを上手に活用すると、大幅に金額を抑えることもできます。一方、品物やのし選びなどを自分でしなくてはならないので、手間と時間がかかる点には注意が必要です。