お葬式の香典返しを受けとった後のマナー

お葬式に参列をした方が、法要後に香典返しをいただいた後のマナーについて紹介します。宅配便などで香典返しをいただいた後ですが、お礼は基本的に不要です。喪主の立場からは、お葬式に参列していただいた際のお礼で品物を送りますから、お礼を返す形となってしまいます。そのため、香典返しのお礼として品物を選び贈ると、喪主の立場からは失礼にあたります。また、香典返しにはお葬式における不幸を洗い流す意味も含まれていますから、その点からも控えるのがマナーです。

受け取った人にとっては、そのままでは良くないと考える方もいます。遺族と親しい方の場合は、香典返しを受け取った旨をシンプルに伝えると良いでしょう。一番良いのははがきや手紙です。落ち着いた頃に確認ができるうえ、丁寧な手書きの場合は誠意が伝わります。メールは、普段から喪主とやり取りをしている方以外は控えた方が無難です。特に相手が会社の上司や高齢者の場合は、失礼になりかねません。

電話にてお礼をする場合は、シンプルに香典返しを受け取った旨を報告する程度がふさわしくなります。その際に、ありがとうございましたなどの喜びの言葉を伝えると相手にとって失礼に当たりますから注意してください。相手も生活がありますから、電話をかける時間帯や内容に配慮をするようにしましょう。お葬式後、法要を終えてからも少なからず気持ちが沈んでいますから、各種連絡一つで元気づけられるきっかけとなります。香典返しを辞退した方宛てに品物が届くこともありますが、喪主にお礼の品物を贈ることは不要です。

香典返しの一つとして、故人との関係を考慮して形見分けを申し出された際のポイントを紹介します。故人の愛用品や大切にしている衣装、仕事の道具などを、相手から申し出された場合は受け取って問題ありません。一方、貴金属や高級な品物の場合は相続税の問題が発生します。喪主にあらかじめ確認してから受け取る流れにしないと税金を支払うことになりかねません。また、自分から形見分けの申し出をすることはたとえ関係性が深くてもマナー違反ですからやめるようにしましょう。